toggle
2015-11-26

Vol.14 スタッフ編集後記

【上園海】
Co-Co Lifeに関わってみたくて沖縄から参加させて頂きました☆大阪で行われたスナップ撮影のお手伝いをしましたが、皆さん笑顔が素敵でオシャレでとってもキラキラしていましたっ(((o(*゚▽゚*)o)))
また参加したいです!ありがとうございましたっ☆

 

【扇強太】
3年以上営業を担当していますが、初めて編集後記を書きます。
なんとかvol14まで3年半続いてきました。
これもご協力ご理解いただいている皆さんのおかげです。ありがとうございます。
営業部も頑張っています。広告、協賛等、今後とも宜しくお願いします。

 

【岡田愛者】
今回初めて参加させて頂きました。バリコレでの取材とても楽しかったです!ありがとうございました!
最近は車椅子のデコレーションをどうするか悩み中です(笑)

 

【加茂桂子】
久しぶりに制作に参加しました! これまで「手記」などの“障がいのある娘に親の気持ちを伝える企画”に携わることが多かったのですが、今回はその逆で、“娘の立場から母娘関係を考える”「女子会」を担当しました。
そして、やはりというか、予想以上のしっかり娘さんたちに感服しました。障がいのこと、将来のこと、社会のことから目をそらさず、冷静で客観的な判断ができる…。そんな姿を目の当たりにすると、なんて自分は「あまちゃん」なのかと反省しきりです。
障がいのため、物理的なフォローを受けることはあっても、メンタルにおいては、親が考えるよりずっと大人で、実はとっくに親なんて追い越しちゃっていることに気が付きました。そしてそれは身体障がいの方だけではなく、知的障がいや発達障がいの方にも十分言えることだと実感しました。学ぶことが多いです。

 

【神原健太】
Webのリニューアルも一通り完了し、やっと落ち着いてきました。
Webの要望や感想あれば、ドシドシ募集中です!

 

【関由佳】
今回の取材で性の形にはいろいろあることを学びました。
自分のジェンダーなんて考えたこともなかったけれど、改めて真っ白な自分と向き合うといろいろな面が見えてきたり。
2丁目での出来事は、自身を見つめ直す貴重な機会となりました。

 

【疋田祥世】
今月号から編集スタッフとして関わらせていただくことになりました。
読者モデルの皆さんのファッションへのこだわりをお聞きして、
「私もおしゃれにならなければ!」としみじみ感じました。
障害の有無に関わらず、前向きで素敵な人々と関われるCo-Co Life編集部。
これからもお役にたてたらいいなと思っています!

 

 

【守山菜穂子】
大阪スナップ企画を担当しました。
NHK「バリバラ」のファッションショー「バリコレ」会場にて、おしゃれ女子をキャッチ&いきなり撮影、という強行企画。
ところが、
「いつもCo-CoLife読んでます!大好きです!」
「えっ、Co-CoLife!? 出られるんですか!嬉しい!」
とたくさん声をかけていただき、こちらがびっくり。
「毎号、娘と一緒に楽しみにしてます!」というお母さんもいて。
もう本当に、泣きそうに嬉しかったです。
また、あなたのところに会いに行きますね。
いつも読んでくれてありがとう。

 

【和久井香菜子】
Co-Co Lifeで、街散歩で、まさかの新宿二丁目特集を企画しました。思いっきり毒々しくデザインしましたが、いかがでしょうか。
企画に甚大なご協力をいただきました、キャンピィ!バーの家弓さん、ありがとうございました!
パラビューティの道下さんは、取材しに富津の合宿所まで行ったんですが、そのまま帰るのはもったいないのでマザー牧場まで行ってきました。ありがとうCo-Co Life、そしてありがとう! 楽しかったです。
この号はいろいろたいへんだったけど楽しゅうございました。ゲフー

 

【和田あかり】
ここ最近、現役や元アスリートの方と話す機会に恵まれています。もっとたくさんの方を取材して内容をまとめようと思っていますが、ある法則が見えてきました。みなさんにご報告するのが待ち遠しいです!

 

【渡部あきこ】
今回、久々に誌面ライターとして戻ってきました!
ファッションページ楽しかったー☆
キラキラしている女の子は素敵です☆
私も若いかわいこちゃんたちからパワーもらって、いつまでもかわいく居たいっ!!!
「おしゃれって、たのしーんだよー♬」って大声で言って回りたいです(笑)
ありがとうございました。

 

【渡部彩香】
女子会のライター担当として、初めて参加させていただきました。
今回は一番身近なサポーターとなる「母親」との関係がテーマ。皆さんのお話を聞いているうちに、私自身も思わず母の顔を思い浮かべ、大きな影響を受けていることを再認識していました。
大切に思うのも、本気でぶつかったのも近くにいてくれたからこそ。
母はやっぱり偉大です。

関連記事