toggle
2017-02-14

「ヴァージンロードを歩けるガラスの義足」完成!

_80A1768a

昨年9月Co-Co Life☆女子部に1件の問い合わせが入りました。
問い合わせ主は、婦人靴のメーカーに勤めながら、通信制の美術大学に通っている高野綾美さん。
「卒業制作で、ウェディングの際にヴァージンロードを歩けるガラスの義足を作成したいので、協力してほしい」という内容でした。

高野さんと、Co-Co Life☆女子部遠藤プロデューサーがミーティングして、Co-Co Life☆女子部として、このプロジェクトに協力すること。
高校時代に見たAimee Mullinsの履いていた「ガラスの義足」を思い出し、高野さんは「私も作りたいと」いう衝動にかられたそうです。
モデルはサポーターで大腿義足を使う澤畑さんを紹介。

ここから、高野さんと澤畑さんによる「ヴァージンロードを歩けるガラスの義足」づくりは本格的にはじまりました。
義足に関してはまったく素人の高野さん。自ら、義肢装具会社や義肢装具士さん、アクリル加工業者をあたり、紆余曲折のすえ、本年1月試作品が完成。
1月29日(日)、八王子のフランセス協会で、ガラスの義足をはいた模擬挙式を行いました。

_80A2180

_80A1795

_80A1997

_80A1881

_80A2143

_80A2100

_80A2061

チャペルでの撮影は高野さんの友人を中心に、スタッフ8名とエキストラ10名が参加。
澤畑さんが花嫁の衣装を着てガラスの義足で歩いた瞬間には、参加者から本気のため息が。。

今回のプロジェクトに関して、「実際に義足を使う女性たちが何かを感じて本当に繋がれれば良いなと思います」と高野さんは言います。

高野さんはこのプロジェクトを一般に披露できる映像制作と卒業展の準備をすすめています。
卒業展は詳細は以下となります。

「2016 (平成28) 年度 武蔵野美術大学 造形学部通信教育課程 卒業制作展」
•会期:2017(平成29)年3月11日(土)~3月14日(火)
•時間:10:00~16:00
•場所:鷹の台キャンパス 東京都小平市小川町1-736
http://cc.musabi.ac.jp/campus/archives/23895

本プロジェクトに関する問い合わせは、
高野綾美さん tubo0258@yahoo.co.jp

関連記事