toggle

第3回「ワーキングコラム」教えて!なかむら社長

☆【お仕事Q&A】あなたの”お仕事の悩み”に、中村社長が答えます!

Co-Co Lifeでは、テンプスタッフフロンティア(株)と共同で、お仕事に関するQ&Aコラムを掲載いたします。
皆さんのお仕事に関する悩み・質問に、障がい者雇用に詳しい・テンプスタッフフロンティア(株)の中村社長が答えてくださいました。

質問★kananeさん(40歳・女性)からのご質問
(【疾病】先天性 側弯症。 側弯と後弯があり、胸腰椎ダブルカーブ
【障害名】体幹機能障害による、肢体不自由。
外出時、杖を使用する時が殆どで、左足の蹴る力が弱く、体のバランスが崩れている)

通勤時の心配があります。
「障がい者が職場に入ると周りの負担が増え、不満に繋がり、職場全体の和が乱れるのではないか」との心配から企業側が障がい者採用を躊躇しているように感じています。 雇用側の立場からすると、障がい者と一緒に働く健常者の従業員の声も無視できないのもわかるのですが・・・。
周りの理解を求めながら、扶養範囲でいいので働きたいと思っています。どうすればよいのでしょうか?

中村社長の回答kananeさん、ご質問ありがとうございます。
「企業へ理解を求めながら、扶養範囲でいいので働きたい」との事ですがkananeさんが思われているより、障がいへの配慮・理解が進んでいる企業は意外と多いかもしれませんよ。

積極的に障がい者雇用を進めている企業や、既に多くの障がい者を採用した実績のある企業が増えているからです。 仕事や職場環境等、良い意味で配慮が上手くできている企業も珍しくありません。

「そういう企業をどう探せばよいか?」という事が、今回のご質問の本質だと思いますがハローワークや弊社みたいな障がい者専門の人材紹介会社へ求人依頼を出している様な企業は、障がい者採用に積極的です。

杖の利用、体のバランスが崩れるなど、通勤への心配事もあるとの事ですが、
電車通勤でしたらラッシュ時を避けた就業時間帯の相談や、ラッシュとは逆方面での勤務場所探しなどで解決できる事もあるかもしれません。

また、扶養範囲での就業希望でしたら、短時間勤務での就業を相談できる企業もあります。(この場合、企業の障がい者法定雇用カウントの決まりごとで週20時間勤務以上を条件としている企業が多いです。)

ご希望の条件での求職や、心配事を解決するためには、やはり障がい者雇用、特に企業の障がい者求人情報に詳しいハローワークや、弊社みたいな専門会社へご相談されるのが宜しいと思います。

>>「お仕事Q&A」一覧ページへ