toggle

第9回「ワーキングコラム」教えて!なかむら社長

☆【お仕事Q&A】あなたの”お仕事の悩み”に、中村社長が答えます!

Co-Co Lifeでは、テンプスタッフフロンティア(株)と共同で、お仕事に関するQ&Aコラムを掲載いたします。
皆さんのお仕事に関する悩み・質問に、障がい者雇用に詳しい・テンプスタッフフロンティア(株)の中村社長が答えてくださいました。

質問★keyさん(32歳・女性)からのご質問
(双極性障害。現在は症状は軽くなりつつあるが、体調に波が出ます。
うつ病と躁病を繰り返す障害。)

以前は色々な職を転々とし、5年前結婚する頃に病状が悪化。
就業禁止を言われて、現在療養生活中で公的支援もいただいています。
しかし、体調に波があるものの、いくぶん安定する日々が続くようになりました。
現在は、前向きに社会復帰がしたいと思っています。
また、主人がパワハラやオーバーワークでうつ状態になった経緯もあり、自分にできる範囲で仕事をしたいとも考えてますが、どのような方法で仕事に就けばよいのか思い悩んでいます。
事務や接客、営業などの仕事もしてきましたが、これといった資格もありませんしブランクが5年あります。 現在、リハビリを兼ねて、ハンドメイドでアクセサリーを作って、フリーマーケットやネット販売などを行っています。
できれば、技術を身につけ、リサイクル衣類販売や雑貨輸入販売などで、自分が運営するフリーランスな働き方を模索したいと思っています。 そういった支援をしてくださる団体、及び企業はあるのでしょうか? どのような勉強を取り組むとよいでしょうか?

中村社長の回答

keyさん、ご質問ありがとうございます。
体調も回復傾向で、安定する日が多くなっているとの事、良かったですね!

Keyさんにはやりたい事があり、それを実現される為の手段についてのご質問ですので、具体的に仕事への復帰を検討される段階にきているとお察し致しました。
「フリーランスとして自立できる為に応援してくれそうな団体や企業はないか?」 との事ですが、「就労継続支援B型事業所」や「就労移行支援事業所」などはご存知でしょうか?
いずれも「障がいのある方が仕事で自立できるよう支援する事」を目的とした、通所型の福祉サービスです。

事業所によってレベル感や対象障がいに違いがありますが「アクセサリー 就労支援」などのキーワードでインターネット検索してみると、かなりの数の事業所がヒットします。 中にはスワロフスキーを素材に、本格的なアクセサリーを製作・販売することを仕事にできるような支援をされている事業所もあります。
keyさんが通える範囲に目的にかなう事業所があれば、こういうサービスを利用しながら経験にされるのも良いかもしれません。 (利用方法や利用料金などについては、窓口の”最寄の市区町村の障害福祉課など”にお問合せ下さい。)

また、「何か勉強したほうが良い事はあるか?」との事ですが、フリーランスを目指すという事でしたら、ホームページ制作などはお勧めだと思います。 最近は比較的分かりやすい制作ソフトも出ているようで、ご自身でネットショップを立上げて運用できれば効果的かもしれません。
もし、ネットショップの道にいかず別の仕事を探す際にも武器になる知識・スキルになる可能性があります。

体調が良い時になど、つい積極的になり過ぎてしまいがちですが、無理のないよう、主治医やご主人ともよくご相談されながら、是非とも夢を実現させてください!