toggle

【リフォーム美人物語】あなたもリフォーム美人になりませんか?

reform_title
【第1回】 秋色ニット&シャツを“キリリ“と決める

reform-hayashi
林 詩織さん(21歳 脳性麻痺)

「洋服を買う時はデザイン重視で決めちゃうから、着心地ってあんまり考えたことがないんです」と詩織さん。
リフォームされた衣装を身につけると「うん!」と満面の笑顔。
「背中が出ているよって言われることが多くて…。そういう時はファッションですってごまかしていたけど、これなら安心」と、ボトムスのはき心地の良さに 感激。ボタンが面倒で敬遠しがちだったシャツスタイルも気軽に取り入れて、秋のファッションを楽しみたいと話してくれました。
>>続きを読む


【第2回】 私スタイルのドレスでパーティーの主役に

katsuyama
勝山みづきさん(特発性脊髄障がいによる両下肢まひ)アパレル企業に勤務し、「職業柄、おしゃれに関する事には大変興味がある」とみづきさん。 普段から車いすに座った時に、キレイに見えるスカートの長さを研究するほど。でも、お直しは今回が初めて。 お直しの感想は「お腹周りの余計な布がなくなったので、スッキリ見える。びっくり。」と、自分サイズに大満足の様子。
>>続きを読む


【第3回】春色コートでオシャレにおでかけ
hayakawa早川みずほさん(29歳・下肢障がい)
普段の服選びでは、肩や腕は締め付けたくないのでジャケットは必ず試着。パンツはあまり浅くなく、伸縮性があるものを選んでいます。今回のコートにつけた袖カバーは色んな素材や柄で、もっと試してみたいです。
パンツの膝裏の絞りは、履き心地重視の人にはオススメかも。本当に楽しい撮影でした!こんな風に綺麗にしてもらうのは結婚式以来だったので、内心すごくウキウキでした♪
>>続きを読む


※記載の価格はリフォーム加工の参考料金です。(材料費は別途)
※デザイン・素材により料金が異なりますことをご了承ください。

logo_new