toggle
2017-12-12

遠藤プロデューサーが「静岡県作業所連合会・わ」職員研究会で講演を行いました。

受付では参加者全員にCo-Co Life☆女子部最新号が配られました

2017年12月9日(土)、「特定非営利活動法人静岡県作業所連合会・わ」からの依頼で、Co-Co Life☆女子部遠藤久憲プロデューサーが、職員研究集会で講演を行いました。
会場は静岡市にある静岡県総合社会福祉会館(シズウエル)。静岡県内の作業所に勤務する職員170名以上が集まりました。

遠藤プロデューサーが講演を行ったのが、職員研究集会のなかの授産推進部会。
講演テーマは、「もっと地域に自分達のことを知ってもらおう!」。
授産推進部会には各作業所職員50人ほどが出席しました。

参加作業所では、「お菓子」「レトルトカレー」「お味噌」「織物グッズ」など、さまざまなものを生産し販売しています。
しかし、実際自分達がつくっているものを知ってもらい、販売までつなげるのは、ハードルの高いこと。
今回の講演では、Co-Co Life☆女子部のマガジン制作を紹介しつつ、情報伝達のノウハウを伝授しました。

講義内容は、「伝わらない時代」と言われる時代性から始まり、今どきの購買ユーザーの行動様式を説明。「2秒で心をつかむ」ために必要な、①訴求力あるビジュアル ②情報を絞り切る ③分かりやすさ を具体的な事例を交えて解説しました。
後半は「福祉業界が持っている強み」にふれ、情報発信が上手な作業所の紹介。最後は、効果的な情報発信のためのノウハウを伝えました。

講義後は参加者がグループに分かれ、各作業所でだしているパンフレット等情報発信ツールを紹介しあい、それを遠藤プロデューサーが講評することで、授産推進部会の研修は終了しました。

 

主催:特定非営利活動法人静岡県作業所連合会・わ

Co-Co Life☆女子部では多彩な講師陣が講演を承っています
http://www.co-co.ne.jp/?page_id=3818

関連記事